レモンの匂い=母の手

小学生の時の、本当におぼろげな記憶が蘇ることがある。

それはレモンの匂い
レモンを絞った時の、あの爽快な匂いが記憶を呼び起こす発端。

確か、学校で
「お母さんの手の匂いはどんなものか、調べてきなさい」
という宿題が出されたのだ。

帰ってきて、食事前だったか、その宿題を思い出し、母の手に鼻先をつけて、ふんふんとかいだ。

レモンの匂い。

二人の妹も一緒にふんふん
いい匂い。

もしかすると、先生から事前に
「○月○日にこうこうこういう宿題を出します」
と連絡があったのかも知れない。
子供がかいでもいい、良い香りのする手にするよう気をつけていたのかも知れない。

マンゴープリンにレモンを絞ってかけた後、その匂いにつられて自分の手をふんふん

母の匂いだ。
[PR]

by blue_wind_xx | 2004-09-08 13:53 | 日常