めがね

視力 右0.6 左0.8 若干乱視

数年前に作った眼鏡をそのまま使っていたため、そろそろ寿命が来たみたい。
レンズが すぽんっ と外れる。
表面に細かい傷は付いているし、そろそろ取替え時。

昔作った店に行って、もう一度お願いする。
フレームも新しいのにして、今度は細めのレンズで。
メタリックなブルーグリーンのフレームは、今まで作ったことのないタイプ。

中学くらいまでは、両目共に2.0以上だった。
先生が面白がって、計測ラインから後ろにどんどん下げて測らせたのだけれど、結局部屋の端まで下がっても見えるので、爆笑された記憶がぼんやりとある。

コンピュータ、というものに触れるようになって、どんどん視力が落ちたと思う。
やっぱり画面を見続けるのは、目に悪いね。
ただありがたいことに、以前作った時との視力と殆ど変わっていなかった。

レンズの度は少し柔らかめに。
疲れさせないことに重点を置いた作りにしてもらった。
この眼鏡屋さんは、同じ1.0に視力を合わせるのでも、本人に合う作りを勧めてくれる。
「同じ1.0でも、幅があるんですよ」
レンズを選んでくれた店員さんは、そういって二つの種類のレンズについて説明してくれる。
どちらのレンズでもはっきり字が読める。
でも、視力検査用の文字を見比べてみると、一方が少しだけ輪郭部分にかすみがある。
「疲れにくくするなら、こっちですよ」
輪郭が少しだけかすむそのレンズを、私は選ぶことにした。

会社でも家でも、PCに向かう私には、疲れずに長時間かけられる眼鏡が一番だもんね。
[PR]

by blue_wind_xx | 2004-08-18 13:07 | 日常