がんばって食べてます!(ぇ

だいぶ身体も落ち着いてきたblueです。こんばんわ!

暖かいお言葉ありがとうございましたm(_"_)m
精神的にも落ち着いてきてるよ(*゚ー゚)b

今回思ったのは、一番辛かったの、私じゃなくて傍にいた相方と母親だったんじゃないかな、と。

特に相方。
何をしたらいいのか判らない、不安な中で、ただぎゅ~っと手を握って。
麻酔から覚め始めた途端、胃液を吐く(麻酔直後の人に多いらしい症状)私を介抱しててくれたんだろうなぁ。意識が朦朧としていて、今ひとつ起きた事象が飲み込めていないのだ orz
お腹摩ってくれたり、鼻かんでくれたり、口回り綺麗にしてくれたり。
申し訳ない気持ちと、恥ずかしい気持ちと(この辺はまだ微かにある乙女心w)、ありがたい気持ちで一杯です。

どうやら、私は母親の通った道を順に追っているらしい。
母も一度流産してから私を身篭ったそうな。
経験者であるだけに、至れり尽くせり。痒いところに手が届くw
今日まで我が家に通ってくれました。
ありがたや(-∧- )
※だから、流産しても次はあるのだ!みんながんばるんだ!

医師にも看護士にも言われたこと。
「生まれてくる子は何があっても生まれてくる。生まれてこれない子はやはり、生まれてこれない」
だから自分を責めるな、と。
母親の胎内に芽生えたその時から、生死の天秤は動いているのだと、思い知った。

今自分がここにいるのは、その天秤が常に「生」の方向へ傾き続けたからなんだね。

おとーさん、おかーさんありがとう。
今まで私に関わってくれた人ありがとう。
今尚関わってくれている人ありがとう。
これから関わってくれる人ありがとう。

みんな、ありがとう。

泣くのは、これでやめ!
元気に食べるのだ、太らない程度にwwwww

余談その1:
「どうせ来てもすることないでしょ!」と母に言われ、手術当日仕事に行き、一度も病院に来れなかった父。
気を揉み過ぎたのか、本日風邪でダウン。
私に移すと大変なので、ますます会えません。
心労かけてごめん(-∧-;)

余談その2:
相方へのありがとうは、直接言うのでここには書かない(´∀`*)
[PR]

by blue_wind_xx | 2005-10-29 20:13 | 日常