本当に辛い時

辛くて苦しくて、どうしようもない時が、やっぱりある。

一人でどうにもならない気持ちを抱えて、涙をいっぱい溜めた目で、何もない空間を見つめる。

 無性に話を聞いて欲しくなる。
 このやるせない気持ちを理解して欲しくなる。

誰かに電話しようかな、そう思っても、誰に電話したらいいのか判らない。
例え誰かに話しても、多分、どうにもならない。

結局、一人で解決の道を探す。
自分であがくしか、本当の意味での終わりはないから。

 それでも、話を聞いてと誰かを探す。
 この涙の意味を理解してくれる人を探す。

どこにもいないのを判っているのに、探す。
自分しか、いないのを判っていて、探す。

そんな自分は滑稽だ。
だけどそれが自分だと、納得できる。

おやすみなさい
[PR]

by blue_wind_xx | 2004-04-27 01:30 | 日常