甘えたがり

ゲームの中で。

リンクパールを付けていないのに、フレリストで見かけたのかtellが飛んできたり。
街中で出会うと、必ず挨拶してくれる。一緒に遊んでくれたり。
私のLVを知り、blogで状況を見て、連絡くれる人もいる。
その人達の、優しい気持ちに甘える。

眠いはずなのに、翌日休みだからと長話してくれる人がいる。
恥ずかしいからと、してもらうまでに苦労した座るモーションを、今はもう当たり前のように私の前でしてくれる。すかさずその足の間に入り込んで、向かい合って話す。2~3時間があっという間に過ぎる。
甘えさせることが好き、というこの人の性格に甘える。

寂しいのに、人と関わるのが辛いという、矛盾した状態に陥る私へ、温かい手が伸びる。
あんまり気持ちいいので、つい、甘える。


リアルで。

先日、結婚式の写真が出来上がったと、高校時代の仲間が呼んでくれた。
酒を飲んで悪友の家にみんなで転がり込む。
無論相方も一緒。悪友の旦那と、仲間のT氏は自作PCの話で大盛り上がり。
東京に出てきて会社関係以外の交友があまりない相方には、良かったんじゃないだろうか。

あまり人と付き合うのが得意でなくて、そんなに多く友達がいない私にも、こんな風に祝ってくれる友達がいたのだと、その存在に甘える。


家で。

相方にはいつも甘えっぱなし。
休日15時間も眠る私でも、奥さんという座布団に、座ったままでいさせてくれる。
帰りが遅くてご飯の準備もできない。
朝起きられなくて「いってらっしゃい」も言えないことがある。
不安定な私のそばにいてくれる。


これだけ甘えて、まだ甘え足らない。
まだ甘える。
ごめんね、まだ今の仕事、辞めるわけにはいかないのだ。

もうちょっとだけ、強くなるから。
[PR]

by blue_wind_xx | 2004-11-24 16:29 | 日常